とりあえずやってミタ

とりあえず技術的っぽいことをいろいろやってみるブログ

debianでdockerの環境を整えてみた

      2015/10/15

注意!! (2015/10/15追記)
この記事の内容はすでに古いです。新しい情報は以下の公式サイトを参考にしてください
Installation on Debian

ITエンジニアがもう避けては通れないdocker。
Linuxの64bit版上で動くとのことなのでdebianにインストールしてみた。


debian(wheezy)にインストールする

64bit版のwheezyを用意、wheezyの準備が整ったらrootでログイン。
dockerインストールに実際に行なった手順は以下の通り。

aptのソースツリーにbackportsリポジトリを追加

/etc/apt/source.listに以下を追記する

deb http://http.debian.net/debian wheezy-backports main

wheezy-backportリリースのカーネル取得

backportでリリースされたlinxu-image-amd64をインストールして再起動する

docker公式サイトの解説では、この後にcurlコマンドでdocker.comのスクリプトを実行するように書いてある。 しかし自分の環境ではうまくいかずにエラー終了した。
以下はそのとき吐かれたエラーログ

どうやらubuntuのリポジトリを見に行ってるようだが、指定のURLが見つからないらしい。

dockerパッケージを手動でインストール

気を取り直し、ubuntuのサイトからlxc-dockerのパッケージ”lxc-docker-1.*.*”をダウンロードしてきて手動でインストール

dockerのinfoコマンドを実行して以下のように表示されると成功

パーミッションの解決

最後にdockerを実行するユーザーをdockerグループに加える必要がある。
というのもdockerコマンドはソケットを使用するためだ。
ユーザーをdockerグループに加えることでそのソケットへのアクセスが出来るようになる。

以上でdockerコマンドでコンテナを操作できる環境の準備が完了!


debian(jessie)に入れてみる

上記wheezyとは異なり、jessieに関してはaptコマンドで一発である。
64bit版jessieをセットアップしてrootでログインしたら以下のコマンドを打つ

以上で完了。
wheezyの手順と同様、”docker info“でdockerの設定情報が返ってくるのを確認する。
なお、インストールするのは”docker.io“パッケージである。
別途存在する”docker“パッケージは別物なので注意すること。

参照サイト

Docker公式サイトのdebianへのインストール手順

 - やってみた ,

  関連記事